コラム

行政書士

法律の範囲の広さゆえに

行政書士は一人で幅広い法律をカバーするのは難しく、自分の得意分野の専門を極める行政書士が多いです。そのため、行政書士の事務所によっては、自分たちでは手に負えない依頼の場合、ほかの信頼できる同業者、つまりほかの行政書士に頼むことがあったり、内容によっては司法書士、社会労務士(社労士)弁護士に協力してもらったりすることもあるそうです。
なので、専門外の依頼に協力してもらうには信頼関係が必要であり、ある程度のコミュニケーション能力がないとなりません。行政書士になるためにはコミュニケーション能力を磨くことがとても重要です。

依頼人とのコミュニケーション

行政書士の仕事は依頼人との信頼関係が一番重要です。
行政書士は依頼者がいて初めて報酬をもらって仕事ができます。
行政書士との信頼関係が無くなるとまた次にその行政書士に頼むことがなくなる可能性があります。その場合、クライアントがほかの法律関係で困っている依頼人を紹介することもなくなってしまうおそれがあります。

依頼人獲得のために

行政書士になったからといって、高い給料をもらえるとは限りません。行政書士本人にそれなり営業力が重要ですが、最初は知り合いの伝を頼って仕事を得る人が多いようです。なので、人脈がある方が有利となります。しかし最初は人脈があまりない若い方でも営業力があれば十分やっていける職業です。

「行政書士」参考サイトの紹介

行政書士の基礎知識から業務の内容、一緒にあると役立つ資格の紹介試験対策、独立開業するにはどうすればよいかということなど幅広い行政書士に関する情報を紹介しております。

行政書士
http://gyomado.com/

”行政書士”に関する記事の紹介

難易度と合格率
http://gyomado.com/b02nanido.html

行政書士は難しいというイメージがありますが実際はどうなのでしょうか。ほかの士業の国家資格と比べるとどれくらいの難易度でしょうか。難易度と合格率について詳しく解説していきます。

行政書士資格試験について
http://gyomado.com/b01shikakushiken.html

行政書士になるためには資格が必須です。行政書士の資格を取得するための資格についての説明、行政書士資格試験はどんな漢字かなど試験の日程から試験の流れを解説します。

開業後に苦労すること
http://gyomado.com/c02kaigyogo.html

開業しても客が来ないのなら、報酬はありません。顧客を得る努力が必要になります。顧客を得るにはどのような方法があるのでしょうか。どのような努力をすればよいのでしょうか。

  • 【司法書士試験について】|資格取得のための試験の概要
  • 【登記・供託】|登記や供託はどんなことをするの?

  • 【司法書士の概要】仕事内容や年収の額について
  • 【司法書士試験対策】過去問を使った勉強法や試験の難易度とは
  • 【司法書士業務の詳しい解説】登記・供託について
  • 【司法のデータ集】全国の法務局や供託所のデータ集