コラム

不動産登記は、司法書士の花形業務と言えるでしょう。また、司法書士試験では出題数の多い科目の一つなので、司法書士を目指す人はしっかりマスターする必要があるでしょう。
新築住宅の購入などの不動産の売買だけでなく、住宅ローンの借り入れなど…さまざまなシーンで登記申請が必要となります。

  • 不動産登記法

    不動産登記法

    司法書士試験で出題数の多い科目の一つです。記述・マークシートともに出題されます。申請書の様式をしっかり覚えておくことがポイントです。

  • 不動産取引における司法書士の業務

    不動産取引における司法書士の業務

    不動産(土地・建物)の取引には所有権の移転登記や表示登記、抵当権設定登記などが必要となり、司法書士はさまざまな不動産取引に関与します。

  • ダブルライセンスで活躍する司法書士

    ダブルライセンスで活躍する司法書士

    司法書士は、さまざまな不動産取引に関与するため、不動産鑑定士資格や土地家屋調査士資格とのダブルライセンスで活躍する司法書士も多いです。

 
 

住宅購入や不動産売買に関する不動産登記は司法書士の中心的な業務の一つです。
土地や建物が誰のものなのか、どこにあるのか、どれだけの面積なのか…といったことを法務局の帳簿に載せるために必要な手続きです。
また、大切な財産を守り、不動産取引をスムーズに行なうために、すごく重要です。
不動産登記と一言で言っても、たくさんの種類がありますから、新築住宅購入時の登記を例に解説していきます。

動産登記とは

不動産登記は、不動産(土地・建物)の物理的状態と権利を公示するためのものです。その建物が誰のものなのかが、誰でもわかるようになっているんですね。

登記記録には次のような記録事項があります。

  • 表題部
    土地の所在・地番・地目(状況)・地積(面積)など
    建物の所在・地番・家屋番号・種類・床面積など
  • 権利部(甲区)
    所有者・所有権を取得した日・原因
  • 権利部(乙区)
    抵当権設定や地上権設定などの所有権以外の権利

上記のような登記を帳簿に記載していましたが、さすがに現在はシステム化されてコンピューターによって管理されています。

新築住宅購入時の不動産登記

不動産登記と一言で言っても、さまざまな登記があります。新築住宅購入時の不動産登記を例に紹介していきましょう。

1.表示登記

新築住宅を購入時の登記は、まず表示登記が必要です。建物の図面や各階の平面図などを提出する必要があって、どこにどんな住宅ができたのかを表します。

2.所有権保存登記

表示登記を行なった住宅の所有者を登録します。

3.抵当権設定登記

「抵当に入る」なんて聞いたことがあると思います。抵当に入れるとは、不動産を担保にお金を借りたりすることです。
住宅ローンを組んでいる場合、その住宅の土地・建物が抵当に入っているということになります。そのため、不動産の抵当権をもっているのが、ローンを組んだ銀行ということになります。

住宅ローンを組む場合には、この抵当権設定登記が必要となります。

新築住宅購入時の不動産登記にかかる費用

これから司法書士を目指す人にとって、費用は関係ないことのように思う人もいるかもしれませんが、不動産登記にかかる費用のうちの一部は不動産登記で得られる報酬なのですから、やはりちょっと気になるのでは??

もちろん、登記にかかる費用は法律で定められているわけではありませんから、司法書士事務所によって違いがあります。また、ローンの金額によっても異なります。

登記の種類 司法書士報酬の相場
表示登記 10万円前後
所有権保存登記 1.5〜2万円
抵当権設定登記 3〜5万円

実際支払う金額は、司法書士への報酬に税金がプラスされますから、新築住宅購入時の不動産登記にかかる金額はさらに高額になります。

住宅を購入する時は、住宅にかかるお金だけでなく、司法書士に支払う報酬も考慮しなければならないのですね…。
登記については、司法書士でなければできないというわけではなく、購入者が自分で行なうこともできます。しかし、手続が複雑であるため、司法書士に依頼するのがほとんどなのです。

次に紹介する不動産会社でも、土地買取時には司法書士を手配し、登記の手続き全般を行ってくれます。
ですので、登記についてよくわからない、という人でも安心して不動産売買を行うことができるのです。

大阪の不動産売買・買取 eMIRAIE PLATFORM
不動産 大阪「アーバンプランニング」
eMIRAIEという分譲プロジェクトを提供している不動産会社です。
仲介手数料無料であるうえ、物件に条件がなくすぐに売却できる買取保証システムもあるので、次の不動産購入の資金にも余裕を持たせることができるでしょう。

司法書士試験には不動産登記に関する問題が多く出る

司法書士試験の試験範囲は次の通りです。

マークシート(午前) マークシート(午後) 記述式(午後)
科目 問題数 科目 問題数 科目 問題数
憲法 不動産登記法 16 不動産登記法
民法 21 商業登記法 商業登記法
刑法 民事訴訟法    
商法 民事執行法    
    民事保全法    
    供託法    
    司法書士法    

不動産登記は覚えることが多いため、苦手に感じる受験者も少なくありません。しかし、試験には不動産登記に関する問題が多数出題されます。

不動産登記は、司法書士の花形業務とも言えますし、資格取得には重要な科目でもあるので、しっかり知識を身に付ける必要があるでしょう。

  • 【司法書士試験について】|資格取得のための試験の概要
  • 【登記・供託】|登記や供託はどんなことをするの?

  • 【司法書士の概要】仕事内容や年収の額について
  • 【司法書士試験対策】過去問を使った勉強法や試験の難易度とは
  • 【司法書士業務の詳しい解説】登記・供託について
  • 【司法のデータ集】全国の法務局や供託所のデータ集