登記,供託

司法書士のお仕事〜登記と供託

司法書士の業務は多岐にわたりますが、特に需要の高い業務が登記手続きの代行です。

登記を行うことで所有権が明示され、自分の預かり知らぬ所で売買されるといったトラブルから開放されます。
そして、登記と並ぶ重要な業務が供託です。

登記とは何か?

登記とは「登録・記載」を略した言葉で、会社の設立や不動産の所有権を移動する際などに行われる手続きです。

法務局で登記を行うことで、会社の営業内容や不動産などの所有権が公的に認められ効力を発揮します。

不動産登記

不動産登記は登記の中で最も盛んに行なわれていて、登記の代名詞ともなっています。

不動産登記は土地の売買や譲渡・相続に伴って起こる所有権などの移動を行うための手続きで、公的に所有権が移動したことを明示するために行われます。

不動産登記では所有権の他に賃借権や抵当権、地役権や砕石権などの権利も登記対象となります。

商業登記

商業登記は、会社を設立した際などに行なう登記で会社経営における義務の一つとなっています。

設立の際に登記を行なうことで、資本金や本社の所在地などといった会社の情報を公開することが出来ます。

また、役員人事の変更や資本金の増資が行われた場合にも変更の為の登記手続きを行わなくてはなりません。

商業登記の期限は「登記の原因が発生して2週間以内」と定められており、これを怠ると「登記懈怠」という法律違反になり罰金を払わなければならなくなります。

その他の登記

不動産登記や商業登記以外の登記としては「法人登記」があります。

法人登記は株式会社などの会社法人や一般社団法人・一般財団法人などの公益法人を対象にして行われるもので、商業登記と同じく2週間の期限があります。

また、船舶の所有権を対象にして行われる「船舶登記」は司法書士ではなく海事代理士の管轄となっています。

供託とは何か?

私たちの生活の中では、お金を払う必要がある場面に度々遭遇するものです。
例えば買物の際にはお店の人に、家賃は大家にというようにしかるべき相手にお金を支払うものですが、何かのトラブルによって払いたくても払えない状態になってしまうことも充分ありうるものです。

そういった時に活躍するのが供託と言う仕組みなのです。

どんな時に使えるの?

供託とは「提供・寄託」と言う意味で「供託所にお金を預けることで、条件が整うまで法的にお金を払った状態と見做してもらう」仕組みです。

例えば、「大家が入院して家賃を集金しに来られなくなった」と言う場合、入院中は家賃を支払えないことになってしまい賃借契約違反で家を追い出される恐れが出てきます。

こういった場合に供託制度を利用することで「家賃を支払う意思」があることを示し、賃借契約を守ることが出来るのです。

供託は「誰にお金を支払えばよいのか分からない場合」や「支払う相手が受け取り拒否した場合」などにも利用できます。

  • 【司法書士試験について】|資格取得のための試験の概要
  • 【登記・供託】|登記や供託はどんなことをするの?

  • 【司法書士の概要】仕事内容や年収の額について
  • 【司法書士試験対策】過去問を使った勉強法や試験の難易度とは
  • 【司法書士業務の詳しい解説】登記・供託について
  • 【司法のデータ集】全国の法務局や供託所のデータ集