資格

営業が有利になる関連資格について

司法書士などの士業は「食うに困らない安定した職業」と言われていますが、それだけに同業者も多く上手な営業を行わなければ安呈した収入を得ることが難しい職業でもあります。

同業者が多い士業で売り上げを伸ばす為の手段として注目されているのが「ダブルライセンス」なのです。

ダブルライセンスとは何か

ダブルライセンスは直訳すれば「二つの資格」で、二種類以上の資格を取得するという意味です。
ダブルライセンスを行うことで「何が専門分野なのか」というアピールがしやすくなります。

司法書士だけだと不動産登記や法務事務など扱う分野が広く、どの分野が得意なのかわかりにくいものです。

ダブルライセンスで宅地建物取引主任者や不動産鑑定士などの資格を取得して看板に掲げれば「ああ、この人は不動産に強い司法書士なのか」と分かってもらえるわけです。

ダブルライセンスのデメリット

ダブルライセンスのデメリットとしては「登録料や会費などが余計に掛かる」と言うことがまず挙げられます。
士業にはそれぞれ資格を有効にするための登録業務を行う連合会が備えられており、初回の登録料と年会費が必要になる仕組みを持っています。

そのためダブルライセンスで開業すると二倍以上の金銭負担が必要になってしまうのです。
第二に、「資格の両立が困難」と言うことがデメリットといえます。

幾ら二つ以上の国家資格を持っていても、同時に二つ以上の仕事が出来るわけではないのです。
そのため、ダブルライセンスは「主資格に活かす為の副資格」になるよう考えて取得することが大事です。

司法書士に有利な資格

ダブルライセンスを活用して司法書士としてのスキルアップやキャリアアップを狙う際に、どのような資格を取得すればいいのでしょうか?

宅地建物取引主任者

「宅建」と呼ばれる宅地建物取引主任者は、土地・建物の取引を公正かつ円滑にするための国家資格です。

宅建は、不動産の取引においての重要事項の説明や契約の締結にかかわり、売買後の不動産登記を行う司法書士と相性の良い資格の一つと言えます。

土地家屋調査士

土地家屋調査士は土地や建物などの不動産登記に必要な測量を主として行う国家資格です。

司法書士の不動産登記は、土地家屋調査士の測量に基づいて書類を作成して行うので司法書士のダブルライセンスとしては宅建に比肩する価値があるといえます。

社会保険労務士

社労士こと社会保険労務士は、労働環境や健康保険・雇用保険などの社会保険における手続きの代行を主とする国家資格です。

もともと社労士は行政書士から分離する形で作られた資格なので行政書士とのダブルライセンスに名前が挙がりやすい資格といえます。

しかし、法務に強い司法書士と社労士のダブルライセンスはお互いの弱点を補い合う性質があり、胸を張って勧められる資格といえます。

  • 【司法書士試験について】|資格取得のための試験の概要
  • 【登記・供託】|登記や供託はどんなことをするの?

  • 【司法書士の概要】仕事内容や年収の額について
  • 【司法書士試験対策】過去問を使った勉強法や試験の難易度とは
  • 【司法書士業務の詳しい解説】登記・供託について
  • 【司法のデータ集】全国の法務局や供託所のデータ集
関連リンク