司法書士

司法書士はどんなお仕事?

司法書士という職業は、誤解されやすい職業資格であると断言しても良いでしょう。

「書士」という言葉から行政書士と間違われ、「司法」という言葉から弁護士と同様の仕事であると勘違いされることもしばしばです。

司法書士の業務とはどういうものか?

司法書士は、「司法」という言葉から弁護士のように司法機関が行う裁判に関わっているものと誤解されがちです。

裁判は弁護士だけの領域として法律で規定されている為、司法書士が裁判に関われるのは低額訴訟に代表される簡易裁判だけで、それも特別な認定を受けている司法書士に限られます。

つまり司法書士とは、裁判以外の裁判所や法務局が取り扱っている登記や供託などを主な業務とする職業なのです。

司法書士に依頼するメリットとは?

基本的に司法書士などの士業へ依頼して作成する書類や手続きは、士業でなくても行うことが出来るものです。
しかし、書類の作成や役所への手続きは手違いが一つでもあると最初からやり直しになってしまうことがしばしばで、経験の浅い人にしてみれば難しいことこの上なくお金と時間を浪費する原因になってしまいます。

業務として反復して書類作成・手続きを行う士業は経験に富み、他者への適切なアドバイスが出来るほど専門知識を有しています。

つまり、司法書士に仕事を依頼するということは「間違いのない書類の作成と、正しい手順を踏んだ手続きを確実に代行してもらえる」というメリットを享受できると言うことなのです。

司法書士の頼りがいを知る

司法書士はその名前の重厚さに比べて出来ることが制限されている為、弁護士や行政書士などの他士業に比べて今一つメジャーになりきれないところがあるといえます。
しかし、その仕事の内容は他の士業に比べても決して遜色が無いものといえます。

売買・贈与などでの不動産の所有権の変更や会社設立には必要不可欠な登記業務、債務の返済をスムーズに行う為に必要な供託手続きの代行、弁護士を雇うほどの規模ではない低額訴訟の代理など社会を円滑に進める上で欠かせない手続きが司法書士の業務となっています。

日常生活では意識することは少なくとも、いざと言う時頼りになるのが司法書士なのです。

司法書士のトレードマーク

国家資格である士業には、身分を証明してくれる襟元のバッヂが付き物です。

弁護士なら向日葵と天秤をあしらったマークのバッヂ、行政書士ならコスモスと「行」の字のマークのバッヂがシンボルとなっています。

司法書士の場合、家紋や500円硬貨の裏面のデザインとしても良く用いられるデザインである「五三桐花」がトレードマークとなっています。

  • 【司法書士試験について】|資格取得のための試験の概要
  • 【登記・供託】|登記や供託はどんなことをするの?

  • 【司法書士の概要】仕事内容や年収の額について
  • 【司法書士試験対策】過去問を使った勉強法や試験の難易度とは
  • 【司法書士業務の詳しい解説】登記・供託について
  • 【司法のデータ集】全国の法務局や供託所のデータ集
関連リンク